MENU

群馬クレインサンダーズ

GUNMA CRANE THUNDERS

MENU
HOME > ニュース > 【活動報告】パートナー企業主催の森林保全研修へ参加

[2022.11.11] 【活動報告】パートナー企業主催の森林保全研修へ参加

いつも群馬クレインサンダーズへ温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。



11月10日に月夜野きのこ園ぐんま昆虫の森・新里(群馬県桐生市新里町鶴ヶ谷460-1)にて行われた、株式会社オープンハウスグループが主催する森林保全研修「オープンハウスの森」に群馬クレインサンダーズの練習生マリオ・ローレンス・マスダ(ドラマー)選手およびスタッフが参加いたしました。


活動に参加するマリオ選手

森林保全研修について
この研修は、日本の「林業従事者の減少」や「災害の激甚化」という社会課題に貢献するため、メインパートナーである株式会社オープンハウスグループが「地位共創プロジェクト」の一環で実施するもので、オープンハウスグループの社員、内定者総勢約40名が参加しました。

群馬クレインサンダーズのホームタウン太田市が属する群馬県は、県土の3分の1を森林が占める関東随一の森林県であり、上記の社会課題との関係性が深いといえます。
こういった社会課題に取り組むことは、私たちが行っている社会的責任活動「CRANE THUNDERS ONGAESHI」の意図にも合致することから、今回の活動に参加いたしました。

当日は晴れやかなお天気のもと、講義や体験を通し、森林保全について学ぶと共に、体験を通してパートナー企業の社員の皆さまと交流を図りました。



【マリオ選手コメント】
このような活動に参加するのは初めてでしたが、活動は楽しく、いい経験になりました。自分が決めた場所を綺麗にして、次の場所を綺麗にすることを考えながらやりました。
日本の森に来たのは初めてだったので、出身地のハワイとは違い新しい景色で新鮮な気持ちでした。また、知己のためにこういった活動はいつでもやりたいと思います。





群馬クレインサンダーズは、社会的責任活動”ONGAESHI”を通して、Planet,People,Peaceの各分野で活動を展開し、オフコートの3Pointを目指し、地域社会の未来のためSDGsに貢献します。