MENU

群馬クレインサンダーズ

GUNMA CRANE THUNDERS

MENU
HOME > ニュース > 2020-21シーズンBリーグクラブライセンス判定結果について

[2020.04.24] 2020-21シーズンBリーグクラブライセンス判定結果について

 いつも群馬クレインサンダーズを応援頂き、誠にありがとうございます。
 

 本日、公益社団法人ジャパンプロフェッショナルバスケットボールリーグ(Bリーグ)より、来シーズン(2020-21シーズン)において、ヤマト市民体育館前橋の改修を2020年に完了することを前提に、施設基準、財務基準を含む全ての審査基準においてB1基準を充足との判定が下され、「B1ライセンス」の取得が決定致しましたので、ご報告申し上げます。

 2018-19シーズンではB2準優勝を果たし成績面での昇格要件は満たしながらも、結果としてB1ライセンスの取得が叶わず、B2残留という大変悔しい形でシーズンを終えることとなりました。  今季こそはと挑んだ今シーズンは、株式会社オープンハウスの傘下となり経営強化のサポートを得ながら、ブースター様、スポンサー様の多大なる御支援により、B1ライセンス取得を果たすことが出来ました。

 プレーオフ出場が決定し対戦成績も9連勝中とB1昇格へ確実に近づいていく中、新型コロナウィルスの影響によるリーグの中断が発表され、本日、リーグの発表により群馬クレインサンダーズのB2残留が決定いたしました。
 

前季同様非常に悔しい結果となりましたが、B1ライセンス取得という大きな第一歩を踏み出せましたので、応援してくださるブースター様、スポンサー様の思いを形にすべく、来シーズン(2020-21シーズン)こそは、悲願であるB1昇格を達成すべく、チーム一丸となって全力を尽くして戦ってまいります。 引き続き、皆様の変わらぬご支援、ご声援を宜しくお願い致します。